Vision あたりまえを変えていく。
  薬のいらないときでも、必要とされる薬局に。

例えば、健康お悩み相談。生活習慣や食事のアドバイス。「アレルギーが出るんだけど?」「禁煙したいんだけど?」「私に適した栄養サプリメントは何がいい?」「貧血気味なんだけど、どんなものを食べるといい?」など、私たちにはお薬をお渡しすること以外にも、できることがたくさんあるはず。メディカルリンクは、あなたの笑顔のため、決して手を抜きません。あなたの健康づくりをトータルサポートするため走り続けます。

←
1.「調剤薬局は、薬を調剤するところ」があたりまえ?
→
2.薬剤師は、薬局にいるのがあたりまえ?
真の地域密着型、健康トータルサポートカンパニーをめざす。

今まで、日本の医療・介護・福祉の体制は、「施設完結型」があたりまえでした。これを覆すのが「地域完結型」。これは、ひとつの病院・施設だけでは対応しきれないケースや、高齢化により通院に支障があるケースなどを、地域内で連携しながらケアしていこうという考え方です。地域に根付いた調剤薬局事業を展開してきたメディカルリンクは、その中心で患者さまの橋渡し的な存在となることが可能です。地域の健康管理機能、介護施設や在宅訪問での配薬業務など、さまざまなアプローチで、地域のみなさまの健康をサポートしていきます。

 
  薬局の枠を越え、健康づくりの新しいカタチにチャレンジし続ける。

患者さまはもちろんのこと、地域のすべてのみなさまが健康であり続けるためのサポートをしたい。私たちは薬局の枠を越え、健康づくりの新しいありかたへチャレンジし続けます。
例えば、病気にならないためのお付きあい。毎日の健康習慣や栄養管理など、病気になってから改善するのではなく、健康を保つお手伝いをしていきます。 他にも、高齢化がより一層進むであろう未来を見据え、在宅訪問医療の新しいカタチを模索するなど、今までの薬局のあたりまえを変えていきます。私たちがめざすのは、未来を想い、時代を拓く、新しい薬局です。

←
3.今の薬局、このカタチがあたりまえ?
めざすのは、New Healthy Living Creation's